沿革

デジタル家電業界において、高い品質とコストパフォーマンスで絶大な信頼を得ている船井電機。そこへ至るまでには、新規事業への展開や生産方法の改革など、数々の軌跡がありました。設立から現在に至るまでの船井電機の歩みをご覧ください。

会社のあゆみ

製品のあゆみ

1959

写真:トランジスタラジオ

トランジスタラジオ

当社の前身である船井軽機工業(株)で生産が開始され、当社設立のきっかけとなったトランジスタラジオ。
米欧大手メーカー向けのOEMを中心に爆発的な売れ行きとなりました。

1960

1961

大阪市生野区中川町に資本金20百万円にて
船井電機(株)を設立。

1961

岡山県に生産会社として、中国電波(株)を設立。

1962

米国にシカゴ出張所を開設。

1962

台湾に合弁の生産会社として、東陽電機工業を設立。

1963

オープンリールテープレコーダ

写真:オープンリールテープレコーダ

回転機構の制御技術を中心としたメカトロニクス技術を応用し、様々な製品の製造技術に展開出来るようになりました。

1964

広島県に生産会社として、中国船井電機(株)を設立。

写真:新本社ビル

1966

大阪市生野区猪飼野中(現生野区桃谷)に新本社ビル竣工。

1966

写真:徳島船井電機(株)

徳島県に生産会社として、徳島船井電機(株)を設立(以後、徳島県内に3工場を設立し4工場体制に)。

1968

8トラックカーステレオ

写真:8トラックカーステレオ

8トラックカートリッジ型のテープレコーダ。
8トラック力ーステレオは当時世界一の生産台数を記録しました。

写真:台湾船井電機股份有限公司

1968

台湾に生産会社として、台湾船井電機股份有限公司を設立。

1969

岡山県に生産会社として、岡山船井電機(株)を設立。

1969

ホームステレオ

生産を開始。

写真:ホームステレオ

写真:本社新社屋

1969

大阪府大東市に本社新社屋竣工。

1970

1970

北米の販売拠点として、米国にFUNAI AMERICA ELECTRIC SERVICE CORP.(後のFUNAI U.S.A. CORPORATION)を設立。

1971

ラジカセ

生産を開始。

写真:ラジカセ

1971

台湾に生産会社として、
台中船井電機股份有限公司を設立。

1971

カセットカーステレオ

生産を開始。

写真:カセットカーステレオ

1977

ステレオカセットテープデッキ

生産を開始。

1977

写真:FPS

FPS(フナイ・プロダクション・システム)確立の礎となる日野自動車羽村工場での研修を実施。

1980

1980

CVC方式ビデオ

写真:CVC方式VTR

当社が世界で初めて開発したコンパク卜型ビデオカセットレコーダ。
日本のテレビ局のエベレス卜登頂番組にも採用され注目を集めました。

1980

写真:FUNAI ELECTRIC TRADING (EUROPE) GmbH

欧州の販売拠点として、ドイツにFUNAI ELECTRIC TRADING (EUROPE) GmbH(後のFUNAI EUROPE GmbH)を設立。

1982

国内販売会社として、
(株)シンフォニックエンタープライズ
(後の東京フナイ、フナイ販売)を設立。

1983

VHS方式ビデオ

写真:VHS方式ビデオ

CVCの開発で培った技術力をベースに、VHS方式のビデオを展開しました。
その後、モーター、シリンダーなどの基幹部品を含むビデオメカデッキの内製化に成功し、製品競争力が飛躍的に増大。当社の急成長を支える主力製品となりました。

写真:コードレス電話機

1983

コードレス電話機

家庭用コードレス電話を開発し、通信機器事業に参入しました。
世界初のアンテナレス・コードレス電話機を開発しました。

写真:東京支店

1983

東京支店を開設。

1985

電子レンジ

生産を開始。

写真:電子レンジ

1985

写真:テレビデオ

テレビデオ

ブラウン管テレビとビデオを一つにしたビデオ内蔵型テレビ。
1990年代後半から2000年代前半にかけて大きく伸長し、北米で60%超のシェアを獲得しました。

1985

ビデオソフト販売会社として、エイチアールエスフナイ(株)を設立。

1986

ブラウン管テレビ

生産を開始。

1987

イギリスに合弁の生産会社として、
FUNAI AMSTRAD LIMITED
(後のFUNAI ELECTRIC (UK) LTD.)を設立。

1987

自動製パン器

写真:自動製パン器

世界初の自動製パン器1号機。
「らくらくパンだ」の商品名で発売。当社の日本市場本格参入第1号製品。
日本経済新聞社の年間優秀製品賞「最優秀賞」を受賞。
この年日本では、製パン器が一躍ブームとなりました。

1987

シンガポールに合弁の生産会社として、
FUNAI ELECTRIC (SINGAPORE) PTE LTD.を設立。

1988

ファックス

生産を開始。

写真:ファックス

写真:新コーポレート・シンボルマーク

1988

新コーポレート・シンボルマークを策定。

1988

売上高1,000億円達成。

1988

ドイツに生産会社として、FUNAI ELECTRIC (EUROPE) GmbHを設立。

1989

写真:FUNAI ELECTRIC (MALAYSIA) SDN. BHD.

マレーシアに生産会社として、FUNAI ELECTRIC (MALAYSIA) SDN. BHD.を設立。

1989

レーザーディスクプレーヤ

写真:レーザーディスクプレーヤ

FUNAIブランドとして、初めて国内大手量販店全店舗に展開された製品。
その後業務用としても販売されました。

1990

1991

写真:FUNAI CORPORATION, INC.

米国に販売会社として、FUNAI CORPORATION, INC.を設立。

1992

香港にHIGHSONIC INDUSTRIAL LTD.(現FUNAI ELECTRIC (H.K.), LTD.)を設立。

1992

写真:東莞工場

中国の委託加工先工場として、東莞工場が稼動(以後、常平工場、中山工場、嘉祥工場、黄江工場が稼動)。

1994

CD-ROMドライブ

米PCボードメーカーとのバンドル販売で成功を収め、その後薄型、4倍速、8倍速、16倍速も開発・販売しました。

1994

エアコン

生産を開始。

写真:エアコン

1996

国内サービス会社として、船井サービス(株)を設立。

1997

インクジェットプリンター

写真:インクジェットプリンター

米大手プリンターメーカー向けOEM製品。
従来の常識を覆す$99プリンターの量産化にも成功しました。

1999

大阪証券取引所市場第二部に上場。

1999

DVDプレーヤ

写真:DVDプレーヤ

2000年代に北米でトップシェアを獲得しました。

2000

写真:東京証券取引所ならびに大阪証券取引所市場第一部に上場

2000

東京証券取引所ならびに大阪証券取引所市場第一部に上場。

2000

レーザービームプリンター

米大手プリンターメーカー向けのOEM製品としてモノクロレーザービームプリンターの生産を開始しました。

写真:DXアンテナ(株)

2001

DXアンテナ(株)の株式を取得し、子会社化。

写真:プロジェクター

2002

プロジェクター

米プロジェクター専業メーカー向けOEM製品。

2002

写真:液晶テレビ

液晶テレビ

生産を開始して数年後には北米でトップシェアを獲得しました。

写真:FUNAI (THAILAND) CO., LTD.

2003

タイに生産会社として、FUNAI (THAILAND) CO., LTD.を設立。

2004

DVDレコーダ

写真:DVDレコーダ

自社ブランドに加え、大手他社からのOEMを受注し、世界でトップクラスのシェアを獲得しました。

写真:デジタルスチルカメラ

2004

デジタルスチルカメラ

米大手カメラメーカー向けOEM製品。

2004

(株)船井電機新応用技術研究所を設立。

2005

本社にて環境マネジメントシステム(ISO14001)と品質マネジメントシステム(ISO9001)の認証を取得。

2006

米国にサービス会社として、
FUNAI SERVICE CORPORATIONを設立。

2006

写真:FUNAI ELECTRIC (POLSKA) Sp. z o.o.

ポーランドに生産会社として、FUNAI ELECTRIC (POLSKA) Sp. z o.o.(現FUNAI ELECTRIC EUROPE Sp. z o.o.)を設立。

2007

マレーシアに開発会社として、
BROADTEC TV R&D CENTER SDN. BHD.
(現Funai Malaysia R and D SDN. BHD.)を設立。

2008

ブルーレイディスクプレーヤ

写真:ブルーレイディスクプレーヤ

DVDより高画質な新世代光ディスク規格に参入しました。

2008

北米におけるフィリップスブランド製品の
販売会社として、米国にP&F USA, Inc.を設立。

写真:創業者の船井哲良が執行役会長に、林朝則が代表執行役社長に就任

2008

創業者の船井哲良が執行役会長に、林朝則が代表執行役社長に就任。

2009

ブルーレイディスクレコーダ

写真:ブルーレイディスクレコーダ

日本においては、2011年の地デジ移行に伴い記録的ヒットとなりました。

2009

中南米におけるフィリップスブランド製品の
販売会社として、メキシコに
P&F MEXICANA, S.A. DE C.V.を設立。

2009

本社にて労働安全衛生マネジメントシステム(OHSAS18001)の認証を取得。

2010

2010

中国に生産会社として、
Zhong Yue Funai Electron Co.を設立。

2010

シンガポールに開発会社として、
FUNAI SINGAPORE PTE. LTD.を設立。

2011

中国に開発会社として、Funai Electric R&D (Shenzhen) Co., Ltd.を設立。

2011

タブレット端末

写真:タブレット端末

特徴的なデザインと、Skype、赤外線リモコン、DLNAプレーヤなど多彩な機能を持つ、宅内利用に特化したAndroidタブレットPCを発売しました。

写真:創立50周年

2011

創立50周年を迎える。

2012

インドに販売会社として、
Funai India Private Limitedを設立。

2012

LED照明

生産を開始。

写真:LED照明

2012

中国に生産会社として、
Zhong Shan Funai Electron Co.を設立。

2013

スティック型スマートテレビ端末

写真:スティック型スマートテレビ端末

スティックタイプの小型STBをテレビに接続することで、普通のテレビがAndroid™ 4.0搭載のスマートテレビになる端末を、通信キャリア向けに開発し販売を開始しました。

2013

写真:FUNAI ELECTRIC CEBU, INC.

レックスマーク社よりFUNAI ELECTRIC CEBU, INC.(旧Lexmark International (Philippines), Inc.)を取得。

2016

代表取締役執行役員社長に 前田哲宏が就任。

1950s

1959

トランジスタラジオ

当社の前身である船井軽機工業(株)で生産が開始され、当社設立のきっかけとなったトランジスタラジオ。
米欧大手メーカー向けのOEMを中心に爆発的な売れ行きとなりました。

写真:トランジスタラジオ

1960s

1963

オープンリールテープレコーダ

回転機構の制御技術を中心としたメカトロニクス技術を応用し、様々な製品の製造技術に展開出来るようになりました。

写真:オープンリールテープレコーダ

1966

大阪市生野区猪飼野中(現生野区桃谷)に新本社ビル竣工。

写真:新本社ビル

1966

徳島県に生産会社として、徳島船井電機(株)を設立(以後、徳島県内に3工場を設立し4工場体制に)。

写真:徳島船井電機(株)

1968

8トラックカーステレオ

8トラックカートリッジ型のテープレコーダ。
8トラック力ーステレオは当時世界一の生産台数を記録しました。

写真:8トラックカーステレオ

1968

台湾に生産会社として、台湾船井電機股份有限公司を設立。

写真:台湾船井電機股份有限公司

1969

ホームステレオ

生産を開始。

写真:ホームステレオ

1969

大阪府大東市に本社新社屋竣工。

写真:本社新社屋

1970s

1971

ラジカセ

生産を開始。

写真:ラジカセ

1971

カセットカーステレオ

生産を開始。

写真:カセットカーステレオ

1977

FPS(フナイ・プロダクション・システム)確立の礎となる日野自動車羽村工場での研修を実施。

写真:日野自動車羽村工場での研修

1980s

1980

CVC方式ビデオ

当社が世界で初めて開発したコンパク卜型ビデオカセットレコーダ。
日本のテレビ局のエベレス卜登頂番組にも採用され注目を集めました。

写真:CVC方式VTR

1980

欧州の販売拠点として、ドイツにFUNAI ELECTRIC TRADING (EUROPE) GmbH(後のFUNAI EUROPE GmbH)を設立。

写真:FUNAI ELECTRIC TRADING (EUROPE) GmbH

1983

VHS方式ビデオ

CVCの開発で培った技術力をベースに、VHS方式のビデオを展開しました。
その後、モーター、シリンダーなどの基幹部品を含むビデオメカデッキの内製化に成功し、製品競争力が飛躍的に増大。当社の急成長を支える主力製品となりました。

写真:VHS方式ビデオ

1983

コードレス電話機

家庭用コードレス電話を開発し、通信機器事業に参入しました。
世界初のアンテナレス・コードレス電話機を開発しました。

写真:コードレス電話機

1983

東京支店を開設。

写真:東京支店

1985

電子レンジ

生産を開始。

写真:電子レンジ

1985

テレビデオ

ブラウン管テレビとビデオを一つにしたビデオ内蔵型テレビ。
1990年代後半から2000年代前半にかけて大きく伸長し、北米で60%超のシェアを獲得しました。

写真:テレビデオ

1987

自動製パン器

世界初の自動製パン器1号機。
「らくらくパンだ」の商品名で発売。当社の日本市場本格参入第1号製品。
日本経済新聞社の年間優秀製品賞「最優秀賞」を受賞。
この年日本では、製パン器が一躍ブームとなりました。

写真:自動製パン器

1988

ファックス

生産を開始。

写真:ファックス

1988

新コーポレート・シンボルマークを策定。

写真:新コーポレート・シンボルマーク

1989

マレーシアに生産会社として、FUNAI ELECTRIC (MALAYSIA) SDN. BHD.を設立。

写真:FUNAI ELECTRIC (MALAYSIA) SDN. BHD.

1989

レーザーディスクプレーヤ

FUNAIブランドとして、初めて国内大手量販店全店舗に展開された製品。
その後業務用としても販売されました。

写真:レーザーディスクプレーヤ

1990s

1991

米国に販売会社として、FUNAI CORPORATION, INC.を設立。

写真:FUNAI CORPORATION, INC.

1992

中国の委託加工先工場として、東莞工場が稼動(以後、常平工場、中山工場、嘉祥工場、黄江工場が稼動)。

写真:東莞工場

1994

エアコン

生産を開始。

写真:エアコン

1997

インクジェットプリンター

米大手プリンターメーカー向けOEM製品。
従来の常識を覆す$99プリンターの量産化にも成功しました。

写真:インクジェットプリンター

1999

DVDプレーヤ

2000年代に北米でトップシェアを獲得しました。

写真:DVDプレーヤ

2000s

2000

東京証券取引所ならびに大阪証券取引所市場第一部に上場。

写真:東京証券取引所ならびに大阪証券取引所市場第一部に上場

2001

DXアンテナ(株)の株式を取得し、子会社化。

写真:DXアンテナ(株)の株式を取得し、子会社化

2002

プロジェクター

米プロジェクター専業メーカー向けOEM製品。

写真:プロジェクター

2002

液晶テレビ

生産を開始して数年後には北米でトップシェアを獲得しました。

写真:液晶テレビ

2003

タイに生産会社として、FUNAI (THAILAND) CO., LTD.を設立。

写真:FUNAI (THAILAND) CO., LTD.

2004

DVDレコーダ

自社ブランドに加え、大手他社からのOEMを受注し、世界でトップクラスのシェアを獲得しました。

写真:DVDレコーダ

2004

デジタルスチルカメラ

米大手カメラメーカー向けOEM製品。

写真:デジタルスチルカメラ

2006

ポーランドに生産会社として、FUNAI ELECTRIC (POLSKA) Sp. z o.o.(現FUNAI ELECTRIC EUROPE Sp. z o.o.)を設立。

写真:FUNAI ELECTRIC (POLSKA) Sp. z o.o.

2008

ブルーレイディスクプレーヤ

DVDより高画質な新世代光ディスク規格に参入しました。

写真:ブルーレイディスクプレーヤ

2008

創業者の船井哲良が執行役会長に、林朝則が代表執行役社長に就任。

写真:船井哲良、林朝則

2009

ブルーレイディスクレコーダ

日本においては、2011年の地デジ移行に伴い記録的ヒットとなりました。

写真:ブルーレイディスクレコーダ

2010s

2011

タブレット端末

特徴的なデザインと、Skype、赤外線リモコン、DLNAプレーヤなど多彩な機能を持つ、宅内利用に特化したAndroidタブレットPCを発売しました。

写真:タブレット端末

2011

創立50周年を迎える。

写真:創立50周年

2012

LED照明

生産を開始。

写真:LED照明

2013

スティック型スマートテレビ端末

スティックタイプの小型STBをテレビに接続することで、普通のテレビがAndroidTM 4.0搭載のスマートテレビになる端末を、通信キャリア向けに開発し販売を開始しました。

写真:スティック型スマートテレビ端末

2013

レックスマーク社よりFUNAI ELECTRIC CEBU, INC.(旧Lexmark International (Philippines), Inc.)を取得。

写真:FUNAI ELECTRIC CEBU, INC.

2016

代表取締役執行役員社長に 前田哲宏が就任。

写真:代表取締役執行役員社長 前田哲宏

1959 (船井軽機工業(株)にてトランジスタラジオの生産を開始。)
1961

大阪市生野区中川町に資本金20百万円にて船井電機(株)を設立。

岡山県に生産会社として、中国電波(株)を設立。

1962

米国にシカゴ出張所を開設。

台湾に合弁の生産会社として、東陽電機工業を設立。

1963 オープンリールテープレコーダの生産を開始。
1964 広島県に生産会社として、中国船井電機(株)を設立。
1966

大阪市生野区猪飼野中(現生野区桃谷)に新本社ビル竣工。

徳島県に生産会社として、徳島船井電機(株)を設立(以後、徳島県内に3工場を設立し4工場体制に)。

1968

8トラックカーステレオの生産を開始。

台湾に生産会社として、台湾船井電機股份有限公司を設立。

1969

岡山県に生産会社として、岡山船井電機(株)を設立。

ホームステレオの生産を開始。

大阪府大東市に本社新社屋竣工。

1970 北米の販売拠点として、米国にFUNAI AMERICA ELECTRIC SERVICE CORP.(後のFUNAI U.S.A. CORPORATION)を設立。
1971

台湾に生産会社として、台中船井電機股份有限公司を設立。

ラジカセの生産を開始。

カセットカーステレオの生産を開始。

1977

ステレオカセットテープデッキの生産を開始。

FPS(フナイ・プロダクション・システム)確立の礎となる日野自動車羽村工場での研修を実施。

1980

CVC方式ビデオの生産を開始。

欧州の販売拠点として、ドイツにFUNAI ELECTRIC TRADING (EUROPE) GmbH(後のFUNAI EUROPE GmbH)を設立。

1982 国内販売会社として、(株)シンフォニックエンタープライズ(後の東京フナイ、フナイ販売)を設立。
1983

VHS方式ビデオの生産を開始。

コードレス電話機の生産を開始。

東京支店を開設。

1985

電子レンジの生産を開始。

テレビデオの生産を開始。

ビデオソフト販売会社として、エイチアールエスフナイ(株)を設立。

1986 ブラウン管テレビの生産を開始。
1987

イギリスに合弁の生産会社として、FUNAI AMSTRAD LIMITED(後のFUNAI ELECTRIC (UK) LTD.)を設立。

自動製パン器の生産を開始。

シンガポールに合弁の生産会社として、FUNAI ELECTRIC (SINGAPORE) PTE LTD.を設立。

1988

ファックスの生産を開始。

新コーポレート・シンボルマークを策定。

売上高1,000億円達成。

ドイツに生産会社として、FUNAI ELECTRIC (EUROPE) GmbHを設立。

1989

マレーシアに生産会社として、FUNAI ELECTRIC (MALAYSIA) SDN. BHD.を設立。

レーザーディスクプレーヤの生産を開始。

1991 米国に販売会社として、FUNAI CORPORATION, INC.を設立。
1992

香港にHIGHSONIC INDUSTRIAL LTD.(現FUNAI ELECTRIC (H.K.), LTD.)を設立。

中国の委託加工先工場として、東莞工場が稼動(以後、常平工場、中山工場、嘉祥工場、黄江工場が稼動)。

1994

CD-ROMドライブの生産を開始。

エアコンの生産を開始。

1996 国内サービス会社として、船井サービス(株)を設立。
1997 インクジェットプリンターの生産を開始。
1999

大阪証券取引所市場第二部に上場。

DVDプレーヤの生産を開始。

2000

東京証券取引所ならびに大阪証券取引所市場第一部に上場。

レーザービームプリンターの生産を開始。

2001 DXアンテナ(株)の株式を取得し、子会社化。
2002

プロジェクターの生産を開始。

液晶テレビの生産を開始。

2003 タイに生産会社として、FUNAI (THAILAND) CO., LTD.を設立。
2004

DVDレコーダの生産を開始。

(株)船井電機新応用技術研究所を設立。

デジタルスチルカメラの生産を開始。

2005

本社にて環境マネジメントシステム(ISO14001)の認証を取得。

本社にて品質マネジメントシステム(ISO9001)の認証を取得。

2006

米国にサービス会社として、FUNAI SERVICE CORPORATIONを設立。

ポーランドに生産会社として、FUNAI ELECTRIC (POLSKA) Sp. z o.o.(現FUNAI ELECTRIC EUROPE Sp. z o.o.)を設立。

2007 マレーシアに開発会社として、BROADTEC TV R&D CENTER SDN. BHD.(現Funai Malaysia R and D SDN. BHD.)を設立。
2008

ブルーレイディスクプレーヤの生産を開始。

北米におけるフィリップスブランド製品の販売会社として、米国にP&F USA, Inc.を設立。

創業者の船井哲良が執行役会長に、林朝則が代表執行役社長に就任。

2009

中南米におけるフィリップスブランド製品の販売会社として、メキシコにP&F MEXICANA, S.A. DE C.V.を設立。

ブルーレイディスクレコーダの生産を開始。

本社にて労働安全衛生マネジメントシステム(OHSAS18001)の認証を取得。

2010

中国に生産会社として、Zhong Yue Funai Electron Co.を設立。

シンガポールに開発会社として、FUNAI SINGAPORE PTE. LTD.を設立。

2011

中国に開発会社として、Funai Electric R&D (Shenzhen) Co., Ltd.を設立。

タブレット端末の生産を開始。

創立50周年を迎える。

2012

インドに販売会社として、Funai India Private Limitedを設立。

LED照明の生産を開始。

中国に生産会社として、Zhong Shan Funai Electron Co.を設立。

2013

スティック型スマートテレビ端末を発売。

レックスマーク社よりFUNAI ELECTRIC CEBU, INC.(旧Lexmark International (Philippines), Inc.)を取得。

2016 代表取締役執行役員社長に 前田哲宏が就任。